2013年10月20日 (日)

ジェフさん

680_01


FLディスプレイが滅灯するのではないんですね (^^;

アジマスDetector と ディスプレイモードセレクタアンプの関連性を見ると。。

680_02そのへんから追うのも手かもしれません。

当方、680の資料が見つかりましたが、小さくて見えません。

老眼ってキツいですね。

いい事って。。眼鏡してないとほとんどの女性が綺麗に見えることくらいですかね (笑)

| | コメント (4)

2013年3月10日 (日)

AIWA VS nakamichi

681zx_02秋田のお菓子をつまみながら。。。

http://www.eitaro.net/products/list.php?category_id=31

甘酸っぱい ??

今日はアナログで心を癒します

681zx_03nakamichi  VS  AIWA  というと S9000 VS CR-70 もそうですが、価格が違う

 

今日は 681ZX と エクセリア009 で比較します。

 

価格は2倍以上の nakamichi 681ZX です。

 

BMW5シリーズとクラウンアスリートくらいの差でしょうか?(笑)

 

681zx_04681ZX メーターはとっても綺麗なブルー表示

 

アジマス自動調整機能やテープタイプ別バイアスコントロールVOLなど魅力いっぱいですが。。。唯一欠点はアフターモニターが出来ないこと。

 

それが要因でしょうか?比較的落札価格はこなれてます。

 

681zx_0115KHz にてバイアスを調整します。(手動)

 

無理なく調整に至るところ、テープの実力なのかデッキの実力なのか?もちろんデッキです

 

テープカウンターがメカニカル式なところが時代を感じますね。

 

下向きアナログ式メーターの 670ZX はアフターモニターが出来ます。

 

しかしながら、このマリンブルーのメーターは魅力的。ならば682ZXでしょうかね。(高値です)

 

本当はドルビーCなど要らないのでよりメーター精度が向上して動きが面白い 680ZX が欲しいところです。

 

681zx_07ヤマハ CD-1020 から録音します。

 

テープはソニーのUX-PROとマクセル メタルUD なるシロモノです。

 

ソースはパヒュームで。。。

 

いきましょう。681zx_06_2


さすがの XK-009 原音にちょっとアクセントプラスな音色です。

 

キュ-レビュー付きのロジックメカニズムも好感が持てます。
欠点は造りがチープなところ。。

 

AIWA AD-F80シリーズの外観と比較するとそれは。。。哀話です。

 

681zx_05nakamichi 681ZX で録音してみます

 

まったり濃いめのコーヒー。。。でもキレがある

 

CR-50・70 はデジタルっぽい音色ですが、このシリーズは違います。

 

薄っぺらなレコード音色をしっかりとサポートするような音色です。

 

さすがです

 

ソースにもよるでしょうが。。。ナカミチ神話は本当ですね

 

 

話は変わって・・・

 

最近、ユーチューブでコレがお気に入りです。

 

http://www.youtube.com/watch?v=4Nct5aYBjUI

 

最高でしょ?! 

 

 




| | コメント (4)

2009年12月23日 (水)

ナカミチ定番のトラブル?

K60 をメンテしようと BGM を CR-70 で再生中に。。。。

Cr70_01 なんですか~ ってな 「定番」 トラブルですね。。。

お陰でテープが絡みました (^_^;) 

先日、点検したばっかり・・弱点は見逃していました (^^ゞ

Cr70_02 モードスイッチの接触導通不良。

接点を丁寧に清掃しました。

テープをこれ以上犠牲にしたくない・・・ですものね~

Cr70_03 清掃後、ナノカーボンを添付。

これで、しばらくは大丈夫でしょうか? ^_^;;;

疲れたので、K60 は休止しました (^_^;)

| | コメント (9)

2009年11月22日 (日)

nakamichi VS AIWA ??

Nakamichi_v_aiwa_01 670ZX のカセット照明ランプが暗かったので、麦球を交換しました。

最近の LED ではないです (^^ゞ

麦球なら・・結構ストック買いましたので・・・

Nakamichi_v_aiwa_02 Nakamichi_v_aiwa_03

今日も nakamichi です。

681ZX です。メーカーメンテナンス済みの機体です。

右チャンネルの音が小さくなりました (゜o゜)

Nakamichi_v_aiwa_06 色々と調べていくうちに メタルテープ だとオートレベルが効きません。

部品を数個交換で復旧です。

3時間以上費やしました (^_^;)

Nakamichi_v_aiwa_04_2 Nakamichi_v_aiwa_05_2

スカイブルーのデジタルメーターが眩しいです (^.^)

選曲機構も便利!

この選曲機能は、ポーズと FF・REW  を押しながら、ポーズを押した数が選曲数という変わった使い方。ナカミチファンの方に教えてもらいました。

Nakamichi_v_aiwa_07 それと。。。今日の予定は、XK-009 の修理。修理といってもベルトが外れただけだと予想。

予想は当たりました。

フライホイールの磨きすぎと軸の遊びが大きすぎたのが原因。

Nakamichi_v_aiwa_08 Nakamichi_v_aiwa_09

錆びやすいシャーシには 「セプター」 という防錆塗装を施してあります。このセプターは既に錆があったとしても、科学反応で錆の進行をストップさせる優れもの。ただ・・価格が高いです。

この 009 は dbx 選択時には、ドルビーICもスルーする 「改」 仕様です。

この 「改」 を紹介したサイトでは残念なことに、内容を封鎖しました。あまり電気が得意でない人がマネをして失敗する危険も察したのでしょうか。失敗を他人のせいにする奴らもいますから。。。ネットの世界は怖いですね。

Nakamichi_v_aiwa_10 久々の XK-009 です。テストテープも入手したので、ついでにメンテナンスしましょう。

アジマスはバッチリです。

アライメントテープによるスペックは。。。nakamichi を脅かす内容です。超安定。

Nakamichi_v_aiwa_12 ピンチレバーの交換が効いていますと思います?

さて、どうせならば・・・聴き比べましょう。

nakamichi 670ZX・681ZX AIWA XK-009 ですね! (^^♪

それぞれ、メンテナンスしたばかりの機体ですから・・・

Nakamichi_v_aiwa_11670ZX、681ZX ともに再生回路のケミコンはオーディオ用に交換してあります。(そんなに変化ないかもね~ (^^ゞ 

009 はドルビーIC スルー仕様(改)バージョン!

新品なら。。。3台で50万円!?

Nakamichi_v_aiwa_13 さて、どうなのよ~!?

681ZX は「濃い音色」 。。。真空管アンプのような響きを持ち合わせていますね。

ブルーのデジタルメーターも印象的。操作の滑らかさも特筆もの。う~ん。。疲れない独特の音色です。マッタリ系。

Nakamichi_v_aiwa_14 670ZX も同様です。再生回路のオーディオケミコンの種類が違うせいかも知れませんが・・若干、明るい音色になっています。

アナログメーターの動きと・・ジャズピアノの音が妙にマッチして心地よいです。

AIWA XK-009 は nakamichi と比べると。。レンジが広いと思わせる音色。

悪く表現すれば、nakamichi と比較すると・・平坦的に聴こえる印象です。

高域の 「抜け」 では 良い勝負ですが、nakamichi と比較すると響きが足りないような??

CDチックな XK-009、レコードチックな nakamichi 680シリーズ という感想です。

いずれにしても、当方が夢中だったFMエアチック時代に使用していたデッキ達よりも・・・超進化・高級バージョンゆえ、驚きの音色には違いありません。

ほんとうに・・・カセットテープの音なの??

| | コメント (2)

2009年11月21日 (土)

ナカミチ 670ZX終了・・

670zx__01 録音レベルが少しばかり低い現象を調査します。

RECアンプのトランジスターが、2SC1636 手持ちなし。

2SC1775A があるので、これで代用してみました。

症状はかわらず。とりあえず、2SC1636 は戻しました。

670zx__02 ケミコンをオーディオ用などに交換しました。

症状は変化しませんが。。。

再生用も交換したので、音色が澄んだようになりました。

670zx__03 落ち着いて調査したところ、録音ヘッドの位置が狂っていました (゜o゜)

スライド方向というのかな?奥・手前方向で「ズレ」が生じていました。

おいおい。。。。って感じです。テストテープで再生ヘッド位置(アジマス・アオリ)など調整しましたが・・・

まさか・・録音ヘッドがね~ コンビーネーションヘッドは楽々なんですね (^^ゞ

670zx__04 こちらは、メイン670ZXです。

「濃い音色」 というのが当方の感想です。

このシリーズと ZX-7 もそうですが、同じような音色ですね。

この音色に慣れると、CR- シリーズはきらびやかな印象。

XK-009 は薄い印象。。。ベストバランスなのが、TC-K777ESⅡに思えてきちゃいます? (^^ゞ

巷で。。。なんの機種が音が良いって・・・「好い」ってことなんでしょうね。

入手してみて、音色の好みがあえば、良い音ということでしょう。

「音色」 も重視ですが・・ デザインや操作感もカセットデッキの重要なファクターですよね~ (^^♪

| | コメント (2)

2009年11月15日 (日)

ナカミチ 670ZX 部品取り用

670zx__02 メイン機体が治ってしまいましたので・・・

部品取り用も治しましょう!?

メカニズムはかんたんに外れます。

670zx__01 nakamichi で修理歴がありますので・・・

ベルト類は比較的キレイです。

ベルトにも方向性があるのでしょうか???

670zx__03 670zx__04

バックテンション用のフエルトが油で汚れがあります。

代用品を取り付けました (^^)v

670zx__05清掃前のヘッド周辺です。ヘッドはほとんど摩耗なし。

交換されているのでしょうか?ちょこっと見た感じでは・・再生表示用ランプ・メカニズム調整用VOL・など交換した形跡があります。

670zx__10_2 バイアス・イコライザースイッチが濡れている??内部のスライドスイッチも・・・接点復活剤が~ メーカーさんなの??

とりあえず、スイッチはエアーで吹きフキして、内部の液を出しました。

670zx__12_2 バイアスVOL にもサインがあります。メーカーさんでしょうか??(謎)

再生ヘッドの特性は素晴らしいです。「チャンピオンヘッドにしたいくらいです」。。。??

670zx__06 670zx__09_2

ヘッド周辺を清掃しました。

清掃プラス研磨という作業ですが・・・

黄ばみもある程度は消えます。

670zx__08_2 670zx__07

ベルトの交換をしました。

今回は、アジマス自動調整用ベルト以外は全て交換しました。

670zx__13_2 それと・・・メイン機体で逝ってしまったオペアンプも予防交換。

あとは。。。オレンジコンデンサーを半数以上交換しています。

670zx__11_2 テストテープで調整に入りました (^^♪

周波数特性はさすがナカミチという結果です。

しかしながら、録音レベルがVOL最大値(調整用VOL)でもソースレベルに追いつけません。。。。(゜o゜)

670zx__14 670zx__15

マニュアルを読んで修理の方向で生きます。

録音ヘッドが悪いのか(劣化)でしょうかね~

670zx__16録音ヘッド調達用にもう一台???それは無いです (^_^;)

-2db くらなので、ヘッドなら再生用で???

nakamichi 670ZX 確か一台、18万8千円だったかな~?

え・・・S9000 より高いのね~ (゜o゜)  キタキタ (^_^;)

| | コメント (2)

nakamichi 670ZX  聴いてみて・・・

670zx__08 復活に伴いマニュアルに沿って調整しました。

メカのモード動作停止位置も VOL で詳細に調整出来ます。

STOP・PLAY などピタリと合わせます。

670zx__09 特別な工具を必要としない部分は面白半分で調整しました。

サイレントメカ・・・中々ですが、XK-009 のポーズの立ち上がりレスポンスには置いていかれる印象です。

操作感はピカイチですね (^^)v

670zx__10 パーマロイヘッドも減りが早い代償として、減っても特性が犠牲にならない構造だそうです。

今回、コンデンサー交換やメカニズムの再調整により音質が向上しました。

670zx__11 メンテナンス済みと謳うなら。。。矢印部分のグリスもキレイにしたいですね~

ディスクリートヘッド 構造はさすが。

部材の剛性も十二分です。

670zx__12 自己満足で100パーセントのメンテナンス度???

周波数特性もキレイに揃いました (^.^)

音質の傾向は似ているようで似ていない XK-009 を脅かします。

670zx__13 下向きアナログピークメーターも泣かせます  (^^♪

この670ZX を聴いてみて・・・1000ZXL ってもしかしたら・・ もっと良いの?好いの?

色んな情報や意見を参考にすると・・・サイレントメカ時代のクリスタロイヘッドは経年劣化が激しそうだから・・・安定とか維持管理費、デザイン的な事も考慮すると。。。 おいらには無理だね~ (^^ゞ

やっぱり、XK-S9000 でしょう (^_-)-☆ 

車や女性?の好みと一緒で、人それぞれ・・ ドンシャリ傾向が好みということでご勘弁を(謎)

| | コメント (2)

2009年11月14日 (土)

670ZX 回復しました  ジャンカーさんありがとう (^^)v

670zx__01 メカニズムは大丈夫なハズ。。。

670zx__02 670zx__03

ヘッド周辺も完璧!?

やはり回路図があれば・・・

基板のパターンから追っていくのはちょっと。。。めんどいし (^^ゞ

670zx__04 と思っていたところ・・・

サービスマニュアルが飛んできました~ (゜o゜)!

うれし~い (^^♪

オーディオ仲間の支援、嬉しいですよね~

670zx__06 リールモータードライブ用のオペアンプとトランジスターが逝っていました。

オペアンプが起因でトランジスターが逝ったのでしょう。

とりあえず、動作OKです (^^)v

670zx__07 オペアンプは手持ちがありました。

トランジスターは確か・・481かな?の廃棄基板から調達。

回路図(サービスマニュアル)は、ひっき~emroad さんから頂きました。

670zx__05 さて、今晩は組上げと・・・

せっかくマニュアルを頂いたので、調整を楽しもうかと思います。

マニュアルの印刷はコソコソと・・・会社でそぉ~っとね (^^ゞ

そういう時代になりました。

「郵便封筒は裏紙を!節約しなさい!」 と謳うトップは、ジャグァ~のハイヤーを6時間エンジン掛けたまま待機させてました。。。。。

なので・・印刷は2部しちゃいましたよ~

| | コメント (2)

2009年11月 8日 (日)

nakamichi 670ZX 二個イチ??③

670zx_07 ナカミチに夢中!?

二個イチは最終手段といわんばかりに意地を見せなくては・・

と思いきや。。。 ^_^;

670zx_09 治す気満々でもないのですが。。

「だいだい色」 の不具合は見られませんが、予防保守ということで全数交換しました。

組上げて動作確認すると。。カムモーターが回転しっぱなし。

原因はメカ位置を検出するモードスイッチが正規な位置に入っておらず。。。(^_^;)

修正しましたが、今度は再生時にヘッドユニットが完全に上がりきりません。

メカを外してみましたが・・・これはモシカシテ。。。

12V系のレギュレーターを2個交換しています。

電圧が微妙に上下しているかも・・・ モードスイッチの関係で位置確定時の・・電圧が変化しているのか?調整が必要なのか??今日はこんなところで終了です。

サービスマニュアルか回路図面があるといいのですが。。。う~ん頑張ろう (^^♪

670zx_10 670zx_12

最近買った工具です。

とても小さなラチェットレンチ。

重さと精密さに一目惚れ。

670zx_11 こういうマクロ撮影は、クールピクス 990 の得意とするところです。

金属の冷たい感じとか・・・画素数ではないと思いますねぇ~ やっぱり。

寝ます。

| | コメント (8)

670ZX 二個イチ計画? ②

670zx_01 670zx_02

メイン機体の 670ZX ですが。。。メカのメンテナンスが簡易で済ませたのでしょう(記憶が飛んでいます (^^ゞ

ヘッドユニットの上下可動部に対するスライド機構に古いグリスが残っています。

こういうの・・・嫌いな筈だったのですが。。どうして??

670zx_03 工具が無かったかもしれません。

ナカミチのサイレントメカには、このリングが多用されています。

このリング・・工具がないと厳しい代物です。

670zx_04 それにしても、このグリス・・劣化が進むとオブラート状になって 「ポロリ」 と剥がれます。

ソニーの K777 のアレとはまた違う性質に思えます。

べっ甲飴。

670zx_05 670zx_06

セラミックグリスに置換えます。

本体の電源が飛ぶ原因が判明しなければ・・このメカニズムは。。

そのまんま移植にしましょうか。

サイレントメカ 良いと思います。ただ、K777 の剛性感・精密感メカニズムには及ばないかな~ (当方の中で) ヘッドの上下駆動についてはキッチリとした音とショックの ソレノイド式のが懐かしいから・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧