2010年5月16日 (日)

CDデッキ三昧 (^^♪

Cd_01 休日が過ぎるのは早い。。。

今日もまったりと過ごそう

出掛けるところも気力も なしっといったところです

パイオニアのT-07S と ソニーの 701ES も参入です

Cd_02 カマベイアンプでの視聴ですが。。。

アウトプットVOL が付いていない この新規物では。。入力オーバーで音が歪みます

これでは、比較できません。

Cd_04 Cd_05

ぶりさんから頂いたヘッドフォンアンプで聴き比べしましょう。

電源は安定化電源

しかし。。。トラブル発生。。1台の電源で駆動しようとしたところ、カレントオバー??2台による駆動(各9V電池用(2個)にしてみましょう。

1台目は・・OK、で2台目を接続しようとした矢先。。。。マイナス側の線が1本外れちゃいました~

ど どこに付いていたの~???この線は???

Cd_06 結局、諦めまして。。TC-K666ES のヘッドフォンアンプを利用することにしました。

セレクターで切り替えを楽にして比較します

今日は、ジャズやフュージョンも加えて・・・

Cd_03 CD なのでみんな良い音です

好い音色のデッキは・・・トータルバランスでは、パイオニアに軍配かな~  引き締まった音色で好みです。

価格なりという。。。残念な結果ではあります

701ES はハスキーな印象  ジャズならコレが一番好き

337ESD はちょっとダイナミック過ぎ・・ じゃじゃ馬

1020 は大人しい 701ES みたい  実に暇な日曜日??いや~ AM はきちんと台所周りの大掃除をしましたです

暇・・・次男坊の少年サッカー時代が懐かしいなぁ~  あの頃は。。。

| | コメント (4)

ソニー VS ヤマハ? 337ESD VS CDX-1020

Cd_01 兜ムシの幼虫です  

5匹は頂き物で2匹は我が家で孵ったものです。(1匹は土に隠れていました

嫁ぎ元ではすでに蛹になっている兜さんが見受けられたとの情報です。 う~ん、温度が違うのかな~ 頑張ってね 兜さん

Cd_04 Cd_03

仲間から頂きました 「557」 のSM です。「337」でも同じかな~

価格が違うので、まったく別物でした

いずれ、「557」 は仕入れたい機種です。

Cd_07 Cd_06

フォーカスに関する値くらいは確認したいです。

正常に動いているので。。。

VOL は極力回さないでおきます。(当たり前ですね~)

Cd_08_3

TP がないので。。。老眼対策用ルーペにてチェックポイントを探します。

う~ん。。。色々似たような名称があって・・

Cd_09 マニュアルに記載されているチェックCDはタマタマ入手済みです

なんだか、作業自体・・・無意味に思えてきました。。。

それにしても、この 「337ESD」 中身結構凄いです。

Cd_10 お気に入りの ヤマハ CDX-1020 と真剣に比較視聴して見ましょう

確か、価格も89,800円の同価格で 良きライバル だと思うのですが・・

どうでしょう

Cd_11 Cd_12

トレー駆動はリニアモーターの 337 が無音でスル~っと出てきてこちらの方が好き

トレー材質も 337 が硬質・剛性感があります。

1020 はトレーが閉まった後に、外部(パネル)側のフタが閉まりますので、音圧による悪影響は受けない構造です。

Cd_13 かまべいアンプで比較しましょう。バッテリー駆動です(裏に隠してあります? )

フルレンジウッドコーンで・・・ペットボトル風に

「エレクトロ・ワールド」 と 「こんなにそばに居るのに」 をメインに何回も聴き込みます

ダイナミックでドンシャリ・・しかも、高域にアクセント  な 337 です

ジャズは好いでしょうね~コイツは Cd_14

ナチュラルで滑らか~  でも、低域の量感もあるし、高域もスーっと抜ける感じの 1020 これは、モニタースピーカーみたいな印象

音量を上げたいので、ヘッドフォンでも確認しましょう

やはり、これくらいのクラスになると CDデッキ も音が良いです。

上位の 557 や 2020 は聴いたことがありませんが、欲しくなる要素は多分にありますね~

個性があって好いですね~ あの頃のオーディオは

| | コメント (7)

2010年4月 7日 (水)

まずい。。。お気に入りの CDデッキ 逝きそう

Sony_01 定価26万円 

シャーシはアルミ素材多用です。

お気に入りで、後期と前期の2台を揃えました。

どちらも、調整に手間ひま掛けて CD-R も再生できるようにしました  

1台のトレー開閉音がうるさくなりグリスメンテを行おうとしたところ。。。

トレーが収まった時に、左が沈まない(CDを平行に下げる事が出来ない)。。。。

とにかく、精密な機器でして・・・見た目では機構が理解出来にくいです 

なんだか・・・ギャーも逝ったような(汗)

Sony_02 メカニズムをなんとか外しましたが・・・手ごわいですコレ

悪い予感。。。。

参ったなぁ~ 

Sony_03 Sony_04

メカニズムは簡易メンテしか行っていないので。。。。ご覧のとうりです。

グリスは固着寸前?

Sony_05 年式からすると固着していないので??当時の最高級グリスかな~?

パーツひとつ一つに精巧な仕上がりと 素材を感じます 

ダイキャストは当たり前。モーター配線部分にも防振剤?

Sony_06 Sony_07

モーターのピニオンにヒビが入ってます。

負荷が大きくなると滑って異音が発生。

瞬間接着剤で処置するしかありません

Sony_08 可動部分はすべてセラミックグリスに塗り替え実施しました。

今日は気力がないので・・・・日曜日かな~

上手く戻せるかも。。。また問題です 

01_3  666ES もそうだったんですが。。。時々(時間を置いてスイッチを入れると)パチッっとスイッチ内部でリークする音がするんですね~ 

いっその事。。。分解掃除。。。。これが間違いでした。

02 接点はカーボンが付着。年数からしてリークの原因になるくらいの状態だと思います。

しかし。。。。ばらす時に・・・ぽにょん~???

気がついた時には、、バラバラでした(滝汗) 

03 大丈夫だろうと。。。せっせと接点清掃に励みました 

しかし。。。

組上げようと思ったら・・・

04 バネが二個・・・これは何となく解ります。

あと、へんな部品が2点・。・。・。・たったの二点なのに・。・。・

解らない   

  

| | コメント (4)

2008年9月 7日 (日)

CDP-701ES

701es01

このCDP-701ES、高速化事業部の管理人さんがとっても大好きな機種なんですね。

そもそも、オーディオ復帰については 「高速化事業部」 から始まりました。CDなんて皆同じ。。。。。そう思っていましたね・・・(^^ゞ

デジタルになってからの 「音の違い」 って正直、そんなに無いです。(個人的意見)

しかし、よ~く聴きこんでいきま すと。。。デジタルってあんまり良くないジャン??

701es02 逆にカセットの進化に驚きが・・・(^_^;)

出始めのデジタルって「不自然な高域と低域」 ってな感覚でした。当方はデンオンのDCD-1500 という機種を購入しました。はじめは。。素晴らしすぎ!!感動です。

実は・・・その感動はしばらく続いたんですが。。。(^^ゞ

で。。このCDP-701ES、造り込みが違います。上面のアルミパネルには画像のように落とし込み加工で、ビスの皿はアルミ削りだし!!定価26万円。

701es03 裏側も制振対策。高級感。

オーディオの原点?

好きですね~ こういうの!

触って聴いて観て・・満足。

701es04_2 701es05

内部も御覧のとうりです。

至りつくせりのパーツ群に贅沢な部材・基板。

言うことなし。

701es06 701es07

メカニズムだって、もうヨダレものです。

タコメカとは違います。

グリスをキレイにしてあげれば、カタカタと遅い動作ですが、正確に動作します。

701es08 我が家には、2台の701ES が居ます。

前期型と後期型です。詳しくはここで、

http://kousoku-web.hp.infoseek.co.jp/cdp701es.html

DAC に違いがあるようです。

701es09その素晴らしいCDデッキに、レコードから CD 落とし込んだ 特製CD を演奏してもらいます。

こういう場合はヘッドフォンで・・

ゼンハイザーで聴くとまた好いんですね  (*^^)v

701es14 いつ頃からだろう???

ぶりさんが入って来たのは??

「道場やぶり的に登場した記憶。

ばぢる氏の一言・・「ぶりやばい!!!」  (^^ゞ

701es10 初対面の時にこの CD を頂きました (^_-)-☆

熱が40度近くあるのに・・・神奈川から埼玉まで来て・・

駅のベンチに横たわって居たのに・・・

集まって、数分後にはおおはしゃぎ!!

701es11 まぁ~ 類は友を呼ぶって言いますが・・

十二分に変態さんでした ^_^;

記憶違いならごめんなさい!?

ゆうこりんファンと聞きまして・・・

701es15_2 オーディオの杜さんとも好い勝負が出来るかもしれません。

えっ・・・当方は!?

知ってのとうりでございます。

| | コメント (6)

2008年3月 3日 (月)

群馬エリア@さんから、妙な宅配便!?

Dscn0715 今日、午前中にヤマト運輸から怪しい荷物が届きました ^^;

そこで、開封!いやいや・・・中身の中身を開封です (^^ゞ

そしたら・・・これです。おいおいしっかり読まれておりますね~この紙の中身は手を加えた部分の手書き回路図でした。

Dscn0717 ついでに、グリスなどをきれいにします。

あの頃のスリムシリーズ定番メカですね。

当時このデッキは確か64800円です。

Dscn0727 品名は「試供品」?

あっ。。。。ひとつ 『改』 してありますね (^.^)

この CDP-70 は以前から1台持ってました。

結構お気に入りのプレーヤーで、カセットデッキのチェックなんかに気軽に使用しています。気に入ったので3台あったこともありました。

1台をオークションで処分しましたが、「よい音色ですね」とコメントもらいましたね (^.^)!

Dscn0734 残念なことに当方所有の一台、ヘッドフォンVOL に 「ガリ」 がありました。この VOL はケイグとエアーで治りましたが・・

オペアンプなのか?その前なのか?右側の音が出ません。

追い詰めるのもいいのですが・・・面倒 (~_~;)

Dscn0746 結局、カセットに録音して比較してみようと。。。

ヘッドフォンはビクターの HP-1000 です。

そもそも、このCDP-70 頂いた物は後期タイプの模様です。

内部もそこそこマイナーチェンジした模様ですね?

結果はどうか???

ノーマルは「改」に比較してシャリシャリが妙に耳につきます。なんていうんだろう~ デジタルっぽい、ヒスノイズがなくて ここまでイケるんだぞう!みたいな ニュアンスです。

頂いた「改」バージョンは、低域の量感が圧倒です。見事にバンランスがとれています。(おそらくは狙っていた訳でもなさそうですが・・?) (^^ゞ

もちろん、その後 アンプに接続して視聴しましたが同様の感想です。

気に入ったので!パネル・内部を清掃して使わせてもらいやす!(*^^)v

Dscn1937 ヘッドフォンで右が鳴らない ^^;

調べてみました。

オペアンプが逝ってました。

Dscn1939恐らくは、激しすぎる「ガリ」にて逝ったのでしょう!?

こんなブツ手持ちないです (^_^;)

後で、普通の 2068DD でも実配線で取り付けようかな~

みなさんも、ふるーい [CDデッキ] 如何でしょうか?

新たな発見????があるかもしれません (*^^)v

Dscn2178高速な管理人さんから、「差し入れ」です。

珍しい型のオペアンプ軍ですね。

さて、せっかくなので使用します (^.^)

Dscn2182 好きな音色の 2068 です。

取り付けて。。。。。ダメです。左CH 音でません!

え。。。抵抗なの?そんなこと・・・後日調査せねば。。。

Dscn2183_2コネクターまでは信号が来てるから。。そういえば、このデッキ3台あったので、この機体では一度もヘッドフォンで聴いたことなかったです。入手当時からの不具合ですね。

先日頂いた改バージョンに、2068 を!!

変化が感じられます。やっぱり高域にアクセント「有」ですね。

「あの頃」 では成し得なかったオーディオの楽しみ方、高速さん、ありがとう!

 

| | コメント (2)

2007年4月 4日 (水)

マランツ CD-15F

Dscn9858 まらんつ の高級高級 CDデッキです (^^ゞ

つまらん?ではなく まらんつ・・・ほんとにつまらない洒落ですね ^^;

定価はなんと39万円!!

ほんとに重いです 17キロ超え・・・いいなぁ~ (^^ゞ

Dscn9815 トレイの開閉動作からして。。ちょっと違います(なんとなく)

なんか・・こう~これから演奏するぞ~って感じの緊張感というか。。

Dscn9837 これまた。。おもーいリモコンなど手にする事により・・・

洗脳されてきますですョ・・(^^)

しかも・・こんな 内部を観てしまうと・・・

Dscn9784 音が悪いはず「ない!」

なんていったって!選別品のスターマークが見えるでしょ。。。

金メッキも惹かれます

Dscn9699

電源コードの素材も凄いです!!!!!!!

フィリップス独自の1ビーム・スイングアーム・メカCDM-4MD!

音は文句なしです。

Dscn9701滑らかで量感ある低音と「抜けていく高音」ストレスフリー!

Dscn9799ついつい聴きこんでしまうこともありました。。。(過去形)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

SL-P720

Image0001 このP720の落札から、高速化さんと通信がはじまりました (^^)

スリムですが、とても重いんです。

デザインは好きですね!

Image0003_2この頃になると前面パネルはぷらすちっくが多いです。

だから!?(オーディオなら音質でうんちく言えって感じですかね)

表示パネルも見やすいです。

Image0002_2そうそう!音色はちょっと低域が細い印象ですが、中・高域が活き活きしています!いいですね!

高速さんがプチ改を行っていますので、その恩恵かと思います。

Image0005_1オペアンプをソケット式にしてあります。

オリジナルって惹かれます (^^ゞ

電源部の発熱がものすごいです。

Image0004_1筐体上部にまで繁栄されます ^^;;;;;;

ので。。ヒートシンク増設とコンデンサーを交換しておきました。

このふる~い 2機種も中々「味」があって良いですよ!

Image0026

詳細は後ほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)