« 2017年2月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年3月12日 (日)

マークエックス シャーシの進化論

Grx133_1
昨日、友人と東京ゲートブリッジにドライブに行きました。

友人は自営業の御曹司 (笑) (^^)

都内を常に走り回っているので、都内ならばほとんどタクシー並みの道案内が出来ます。

趣味仲間ということもあり話は弾みました (^^♪

Grx133_2


羽田空港を経由して、撮影スポットへ (^_-)-☆

貧乏人がクルマを買うと、常にピカピカ (^^ゞ

首都高速を走り、都内を走り、楽しい時間です(唯一?)

Grx133_3


当日は風もなくて穏やかなドライブ日和でした (^_-)!

こういう場所にくると、やろう二人だとなんか寂しくなります。

ゆとりなんか無いはずなんですがね。。

Grx133_4


現在は GRX133 と GRX121 ほぼ半分くらいづつの使用(走行)になります。

マークエックス の乗り比べなんて贅沢です。

GRX133 購入前は GRX121 の方がコストダウンされていなくて好き。。なんて思っていました。

次も走行距離が少ない GRX121 が欲しいなんて具合です。


Grx133_5首都高速を走って、結構きついカーブ場面を走ると2台の特徴が面白いほど見えてきます。

GRX133 はシャーシ剛性が高い。

19インチの扁平率35で走ってみたいものです。

アクティブステアリング統合制御というデバイスも動作したのか?

急な旋回コーナーで少し速めのスピードで進入してみたところ、ステアリングの切れ角・ブレーキ制御などにクルマが介入したような感覚が?

コーナリングの限界スピードは間違いなく 19インチを履く GRX121 なんですが。。

Grx133_6ストレート加速はさすがに3.5リッターの GRX133 が上。

特に走り出してからの中間加速は トルコン6ATとの統合制御も心地よく静かで速いです (^_-)-☆

やっぱり、大排気量にはトルコンですよ (笑)

ノーマルパッドのブレーキが頼りない感じにも思えます。

にしても、シャーシ剛性が高いのでガツンと踏み込めば (笑)

今のタイヤが減ってきたら、19インチが欲しくなるそんな GRX133 です。

というか、18インチでは完全に役不足だと思います。

が、19インチになるとタイヤが高くて。。。。(T_T)








| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年7月 »