« 2016年2月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年5月22日 (日)

石川綾子 ヴァイオリンコンサート

Misato_aya2週末に石川綾子 ヴァイオリンコンサート in 三郷(埼玉)を見に行ってきました。

ANIME CLASSIC コンサートではバックバンドによる演奏がノリノリでしたが、今回はピアノとバイオリンのみでタンゴも含めたアコースティックな内容でした。


実は今回のコンサートにてタンゴがあれば。。。ちょっと期待していただけにとても嬉しいプログラムでした (^.^)

彼女の奏でる生音バイオリンの音色はヤバイですね。。
ピアノとともに
心にメロディ~が響きます (^^♪
Misato_aya1
今回のホールは小ホールということもあり、アーチストとの距離感も近くて音も良かった。

個人的には昨年の秋に紀尾井ホールで行われた 『秋のバイオリンコンサート』 の内容が好き
ユーチューブでもDVDでも手法は問わずに公開されないかと思っていました。

しかし、彼女のコンサートは会場や季節によって適切なプログラムが組まれるので、今年の紀尾井ホールが楽しみですし、やはり会場に足を運ばないと感動出来ないし (笑)

最近、ユーチューブにアップされた 「はなまるぴっぴはよいこだけ」


https://www.youtube.com/watch?v=MHWmaUW4ukg

これ、、バイオリン!? イヤホンとかヘッドフォンで聴いてみると超絶技巧に魅了。。(^^♪



Img_0498


話はかわります(笑)
愛車弄りのお話。

愛車のマークエックス、10年超えるとヘッドライトのプラスチックカバーの劣化がどうにも。。。
専用のケミカル用品(研磨剤)でも内側は無理。
しかも、表側も表面のコーティングを磨きすぎで破壊してしまった模様。
ライトカバーと反射板をディーラーで交換しました。
きれいになったと見入っていると。。。
HIDが揺れている ('_')
バラストかバーナーかどちらが不良、もしくはどちらも不良。
左右バーナーを入替えしてバーナー不良が判明しました。

6850


前回はカーメイトのギガ 6000K だったかな?
3年保証、はい3年で駄目になりました (笑)

今回はコレ!6850K にしてみました。
かなり明るくなりました→ライトカバーも交換してますしね。

Img_0496


フォグも省エネのLEDタイプに交換。
悪天候と対向車への迷惑対策としてイエロータイプにしました。

今回、ライト関係をいろいろと物色しましたが、格安品もかなりありますね。
電装関係はスペックや価格重視よりも耐久性でしょうか。
交換作業の手間や安全を考慮した結果、割高にはなりましたが満足です。






| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

 「石川綾子 THE PREMIUM LIVE 〜ANIME CLASSIC〜 追加公演」

Ayako
5月1日

「石川綾子 THE PREMIUM LIVE 〜ANIME CLASSIC〜 追加公演」 を見に行きました (^^)


Image_1


最寄り駅の南新宿でロマンスカー?が通過、スマホで撮影、最近アイフォンに変えましたが、レスポンス良いです。

都心もしくは都心を通過する場所ならば、電車が速くて便利。。駐車場の心配もありませんし (笑)

石川綾子さんのバイオリンコンサート、足を運ばせる・財布を開かせる(笑)

やっぱり、生のコンサートは臨場感があり、アーチストとの距離感も無く感動モノです。

「バイオリンの可能性」 というコンセプトを感じるコンサート、新しい曲も披露していただき最高でした。

80年代のロックに夢中だったおいら。。
綾子さんのバイオリン、早弾き&正確性orパワー →リッチーブラックモアを連想させます。
一度だけ、武道館でレインボウを見に行った時の熱い思いが (^^ゞ

この歳になって、そんな感動を甦らせてもらうなんてね (笑)

そんなソースだから、インドアミュージックのノートPCでも音質にこだわりましょう  (^^ゞ

Dscn7656_01


アニメクラシックはブルーレイをチョイス。
新たな画質&音質に感動 (^^)

HPのノートPCには 「Beats Audio」 良い音なんですが、やはりイヤホンで・・

Dscn7661_01ヘッドフォンアンプを経由して、イヤホンで鑑賞します。

コンサートの臨場感には及びませんが・・

乗りのりです (~_~;)

クラッシック・タンゴ・映画音楽・アニメソング・歌謡曲をバイオリンで奏でる音色は・・超絶技巧ならでは、いやそうでなくては得られない。。そんな想いで鑑賞しています。

綾子さんの生演奏でタンゴが聴きたいなぁ~ (^.^)







| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年9月 »