« CT-1000 リベンジ....出来るの?? | トップページ | CT-1000 リベンジ.... モーター »

2008年10月28日 (火)

CT-1000 頑張るぞ~ (*^^)v

  Ct1000_20_2

きちゃないメカの方も手を掛けます。

こちらでは、再生は出来てましたから。。。

頑張るぞ~ (*^^)v

ヘッド線の末端処理も進化?

Ct1000_0丁寧にやれば、「作っちゃう」 のように出来るんですが・・・(^^ゞ

そこまでコダワレましぇん (^_^;)

内部です。

Ct1000_4いずれ、この辺りも徹底にメンテナンスします。

今回は、アイドラーとモータープーリーは 「新兵器」 を投入予定です 。。。(^_-)-☆

リール駆動モーターは逝ってました。。。

Ct1000_5まぁ~楽勝です・・ラジコンメンテナンスのスキルで!(^^)

分解しましょう!

回転もきついです(手でやっと回る)

Ct1000_7 Ct1000_8

内部は精密なモーターです。

ブラシ部分など、耐久性もありそう。

高級タイプと読みました!

Ct1000_9 Ct1000_10

予想どうりです。

グリスの劣化で回転は渋いし。。6V では回りません。

キレイにしてみましょう!得意分野?!

Ct1000_11 Ct1000_12

ベビー綿棒にビュックリンを添付して清掃します。

超強力清掃ブレンドアルコールのビュックリン!用途によっては、「S-721H」 を凌ぎます。触れた場合は手荒れも凄いので取扱は注意です。

Ct1000_13 Ct1000_14

コミュニターも清掃します。

その後、仕上げは電動消しゴムで行います。

組み立ては位相が狂うとトルク・消費電流が狂ってくるので、位置もマーキングを行います。

Ct1000_15_4 Ct1000_16_2

キレイでしょう!

軸受け部分は、「ベアリングルブ」 で決まり!!

さて、どうでしょうか!

Ct1000_18_2 弱った 「オキシライド」 でエージングです。

そう、オキシライドって始めは1.8V ですが、結構、寿命短くない!?素直な感想です。

1本でもユルユル動きます。

成功しました (^_-)-☆

|

« CT-1000 リベンジ....出来るの?? | トップページ | CT-1000 リベンジ.... モーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CT-1000 リベンジ....出来るの?? | トップページ | CT-1000 リベンジ.... モーター »