« CT-A1 | トップページ | CT-A1 午後パートⅡ »

2008年6月23日 (月)

CT-A1 午後

A101 小さめのベルトも使用されておりました。キャプスタンベルトは犬印で大丈夫そうですが、これはありません。

お湯で煮て。。。弾力が復活しました(正常になった実績が不明なので、マネしないでね)

とりあえず・・・いいかな  ^^;;;

A102 さすがに緑青が吹いてます。

これらもキレイにします。

お掃除が・・・メインだったりもします (^^ゞ

(^^ゞ この顔マーク多い??

A103 テープ走行に絡むところはすべて、清掃後グリスアップ。

ただ、テープパス や クリアランス がはじめの状態から、ズレルこと覚悟の上に行います。

テストテープや測定器なしで ここまで弄るのは止めた方が無難です。

A104 これが DDモーター 凄い迫力です。

中身が見たい・・・・でもヤメテおきます。

構造がわからないので、下手をするとオシャカです。

軸受けに CRC-SUPER 556 を添付しました。

A105 あとは、アイドラーのメンテナンスです。

FF・REW とも動作していましたので、あの薬剤で大丈夫でしょう。

自由時間。。あと 2時間。どこまで生けるかな~

|

« CT-A1 | トップページ | CT-A1 午後パートⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CT-A1 | トップページ | CT-A1 午後パートⅡ »