« 岩槻文化公園にて... | トップページ | SONY TC-K777 デザイン »

2008年4月 6日 (日)

Technics RS-AZ7

Dscn2784 オーディオ懐古録で  http://k-nisi.hp.infoseek.co.jp/rs-az7.html  紹介されているこのかっこ悪いデッキを入手しました。

高速化事業部のオフ会に向かう途中に確保です。リモコン付きできれい。3150円なり

Dscn2716 T.H.C.B.(テクニクス・ハイブリッドコンストラクション・ベース)っていうんでしょうか?

なかなか凝った素材です。

ちょっとアップしてみましょう!

Dscn2717 振動を抑える為の素材ですかね。

重量が悲しいほど軽いので、このような素材で工夫している模様です。

テクニクスの最終章カセットデッキ頑張ってます。

Dscn2743 Dscn2782

Dscn2733

このデッキの一番の特徴が再生ヘッドです。

アモルファスZヘッドです。

Dscn2768 Dscn2725

メカニズムはそれなりに精密です。カセットドアも電動式でオープン時にはテープが1cmくらいでしょうか、上がってきます。中々精密動作でカッコイイです。

Dscn2775

Dscn2747 キャプスタンはシングルです。ベルトは御覧のとうり綺麗でした (^^)。。。

ピンチローラーはあのアイテムで清掃後、ビュックリンで一拭きします。

「ヘッドには触れないでください」 ???「ヘッド消磁気は使用しないでください」 とカセットドア天部に記載があります。

やってしまいました (^_^;) ヘッドとキャプスタンが汚れていたので、綺麗にアルコールで清掃しちゃいました。。。。

Dscn2724 内部はこんなに。。。。これは、ナカミチより広々です。

実力はですね。

ばらす前にテストしています。

正直、音良いです (・・;)

メタルで25KHzまで余裕の録音再生です。ナカミチ級です。

音色は若干、痛い印象です。気持よく スーっと伸びるナカミチとは異なりましたが、どっちが好きかでしょう。好い悪いではないと思います。そういうレベルですね。ヘッドの恩恵も大きいのでしょうか・・

でも、所有する喜びはどうか?そんなこと考えていたからでしょう。

バチがあたりました (^_^;)

Dscn2779 組み上げたら、左側の再生音が極小でモガモガ言っています。

いろいろ調べたら、ヘッドからのインターフェイス部分で左右の電気的条件がかなり違いました。ヘッドが清掃によって逝ってしまったのか。。。

メカニズムを手で持ち上げたり触れたりしている時に静電気などで、半導体を逝かしたのか。。。

おそらくは、ダメでしょう!録音専用で使用するか。。。参りました (・・;)

気お取り直して、ぶりやばいさんに頂いたヘッドフォンアンプを視聴しましょう!

Dscn2789 スリーセブンです。近頃のお気に入りです。部品取り用の777はなんとか治ったので(プチノイズは未完了)強制的に貰ってもらいました ^^;;;

この777はリールのバックテンションの微調整が時々必要かもしれませんので、近いうちにサービスマニュアルの一部をメールで送ります。面倒見てやって下さい。

Dscn2806 メタルテープをセットします。風のファイブを入れました。

このテープの重さはなんだか、セットするとこから儀式の始まり・・そんな感じです。

半日でもいいから、すきな歌謡曲やフォークソングを聴きながら、美味しいコーヒーでも味わいたいですね。

Dscn2809 ヘッドフォンは、ゼンハイザーのHD-650 です。

ヘッドフォンに3万円以上投資していいのか?

噂を信じて購入してみましたが・・・大丈夫でした (^^)

もう、戻れない・・・そんな感じです。

Dscn2800 このヘッドフォンアンプがあれば、「ポップノイズ」 も怖くないですね。

良い人に投下したかも (^^ゞ

このヘッドフォンアンプ、切れがあります!

Dscn2818 こういう楽しみ方、好いですね~

内部のオペアンプもとっかえひっかえ比較することも出来るし・・・

どうも!ぶりさん (^^)

|

« 岩槻文化公園にて... | トップページ | SONY TC-K777 デザイン »

コメント

なぬ、Technicsはもう逝ってしまいましたか。
ヘッドは触れた程度では逝かないでしょ。
静電気も、うむぅ。
コネクタ程度だとラッキーですが、あとはヤワな盛りの半田が、バラしてる際の基盤へのストレスでクラックが入ったか、、。

777も当然まだお持ちでしたか(汗。
こちらもナカミチを追い出しラックに収まりました。
ナカミチはリビング(使うのか?)に置くか、、あ、Lo-Dもどうしようか、、。

HPA、とりあえず使えたようで。
スケルトン筐体に稚拙な配線が恥ずかしい。
装置聴き比べにはLine-OUT~毎回決まったHPA使用、が良いですね。

投稿: ふ゛り | 2008年4月 7日 (月) 21時22分

HPA最高に好きですね!(スケルトンも好い)
なんでしょう!?
自作品のらしいところと、アルカリがパナなところも気に入りました (^^ゞ
777あまり程度が良くなくてすみません ^^; なにせ部品取り用として落札したのもですから...
定期メンテナンスは、浜っ子オフカイ、横須賀行っちゃおう会時に行いますョ!?

テクニクスはもうちょい診てみます!?

投稿: ぷらっし~@ | 2008年4月 8日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩槻文化公園にて... | トップページ | SONY TC-K777 デザイン »