« CT-1000・・・⑦ | トップページ | CT-1000 くどい編 »

2007年12月17日 (月)

CT-1000・・・とりあえず終了

Dscn0035 早送りが出来ずに過電流が流れる原因が判明しました。

モーター青線ライン(マイナス)が筐体に短絡しています(汗)

なんでかなぁ~ (@_@) (こちらの線は外しませんでした)

Dscn0040 モーター缶が中空なのは・・・防振対策かと思っていました。

が。。どうやら絶縁の模様です。。。(^^ゞ

缶はマイナスアースです。

Dscn0042 一応、ゴムで覆われていていますが、モーターを止めるビスを通して、導通していました。(一度ばらしていますので、その際にゴムが破けていた為だと思います)

なので、今回はこのように絶縁ゼツエン!!

Dscn0043 動作は正常になりました。

メーターランプも交換しましょう。

さて。。

Dscn0052 外装を装着しました (^^)

存在感抜群ですね!

でも。。。

Dscn0054 録音が右チャンネル不能です。

ヘッドなのか?

アンプなのか?

Dscn0057 もう~なんだか、どうでもいいかな。。

再生しかしないだろうし。。

もっともオブジェ化は確実ですしね~

Dscn0058 時間があれば、ドナーもある事ですが。。。

正直、時間よりも技術がないので。。

あきらめが肝心です。

Dscn0065 これくらい古いと、各基板の半田修正は必須でしょう。

そこまで、頑張れるかと思うと・・

でも、音質は抜群です。(ヘッドフォンで)

Dscn0061 古い年代モノは「覚悟」が必要ですね。

でも・・・

カッコ良すぎです。CT-1000 !!

|

« CT-1000・・・⑦ | トップページ | CT-1000 くどい編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CT-1000・・・⑦ | トップページ | CT-1000 くどい編 »