« F&F ヘッド | トップページ | パイオニア T-D7 »

2007年4月 3日 (火)

パイオニア T07S

1 パイオニアの終盤カセットデッキです。

ちょっと。。T-1100S 風・・・・・・・

でもね。。。。軽いんですョ・・とっても!! (^_^;)

2 操作性は Good です! 

パネルの仕上げも上々!

う~ん。。。

3_1 トランスポートは3ヘッドダブルキャプスタン!!

中々「ツボ」はおさえています。

「結論」。。。。。メーカーさんが出した・・・

Dscn6470 3モーターメカニズムであるし・・・

センターメカ!

ちょっと左側メーターは好みではありませんが・・・

Dscn6496こいつが、いい音するんです。

なんでって言うくらい。。。

この装備プラス、銅メッキ・想いトランス?・でぃすくりーと回路 etc で重量増しになれば、納得でしょうかね。

かなり、ショックな音色でした。

が、所有する喜びは、まったくと言うほど感じませんでした ^^;;;;;

これが プアオーディオの世界?

|

« F&F ヘッド | トップページ | パイオニア T-D7 »

コメント

ぷらっし~@様

古いネタですいません。
当方でも最近T-07S(ジャンク)を入手し、ベルト等を交換して今、調整がてら音を聞いているんですが、これ、ホントに音が良いですね!FLATシステムで調整してメタルだとソースとの差が分かりません。私もなんで~って。
パイオニアの名機CT-A9Dでも全然相手になりません。(特に高音が)外装も傷だらけなので、すぐにオクで売却するつもりだったのですが、困りました。
ヘッドが良いの?そんな話は聞いてないのですが。回路もいたってプアですね。
音の不思議。パイオニアの技術の結晶?突然変異?でも凄いデッキです。

困りました。
代わりに何をオクに出したらいいのか。

所長

投稿: 所長 | 2008年5月10日 (土) 22時02分

所長様
まったく同感です。
カセット最終時期の製品、企業と同じく干せるところは干して...無駄をなくした結果の製品でしょうか・
しかしながら、この音色..本物です。
決めるところは決めた、開発陣の意地も見え隠れ(音色から)

パーマロイヘッドはやはり音質に有利なのでしょう。ナカミチもそうですね。
最近では、テクニクスの「RS-AZ7」を弄りましたが、やはり録音ヘッドがパーマロイです。コストも一番安いと聞いたことがありますが、この AZ-7 もまた素晴らしい音色でした。
壊してしまわなければ、もっと調査出来たのに残念です。
中身は、T07S 以上にチープでしたが..

投稿: ぷらっし~@ | 2008年5月10日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア T07S:

« F&F ヘッド | トップページ | パイオニア T-D7 »