« パイオニア T07S | トップページ | SONY SSL A5MARKⅡ? »

2007年4月 3日 (火)

パイオニア T-D7

Dscn6639 デジタルデッキ?

こちらも 最終カセットデッキですね!

なんと、こちらはトランスポートおお手抜きです!!

Dscn6647 見た目もチープな3ヘッド・シングルキャプスタン。。。。。

回路に工夫ありでした。

これも。。。また・・いい音!

Dscn6641 デジタル処理する音づくり・・・

好きな音でした (^^ゞ

ルックスも良いかも・・

Dscn6645 FLEX が特徴です。

Dscn6670 なんと 90db !!

Dscn6675 デジタルノイズリダクション!!

Dscn6677 S9000 と同じハイバイアス!

Dscn6629 「つぼ」!?

Dscn6633 MUSE。。。

Dscn6642 コメントが少なくなる。。。そんなデッキです。

損なデッキです。。

そんなデッキでした。

|

« パイオニア T07S | トップページ | SONY SSL A5MARKⅡ? »

コメント

ぷらっし~@さん、こんばんは。

工業製品って技術的円熟を迎えると
やがて徹底的なコストダウン&効率の
追求・・そして新規格の出現で商品使命を終える・・。

その最終段階は確かに完成度は高い・・。
けど、必ずって言っていいほど
ワクワク感は無くなってしまい
ます。
特にメカ的には至って無味乾燥・・。
それがある意味究極の完成品では
あるのでしょうけど。

でもアナログの到達点はとてもいい音
の機材が多かったです。ブツとしての
魅力は別として。

今はデジタルのシリコンオーディオ
全盛で、個人的にはこれらを音質的に
「音響機器」とするのはまだまだ
抵抗があるのですが、果たして
デジタルオーディオにもアナログを
凌駕する、そんな日が来るのでしょ
うか・・。音楽を聴く機械ってのは
スペックだけじゃ無いと思います。

投稿: 缶コーラ | 2007年4月 4日 (水) 00時24分

缶さんさすがの文章力ですね(^-^)/
もう~感心するばかりです。

最近またまた777ESⅡを仕入れました(^_^;)
今回はヘッドが独立した旧タイプです。とても使用頻度が少なく[あのスイッチVOLが綺麗でヘッドも磨耗なし]久しぶりの当たり品でした(b^-゜)
入手するよりも、修理が先ですねσ(^-^;)
部屋中…デッキだらけ

投稿: ぷらっし~通勤中 | 2007年4月 4日 (水) 07時47分

私も管理人さんの真似してメンテしております。
ベルトは自作でも秋葉でもどんなサイズでも何とでもなるようになりましたが、回路を追うのはまだまだ。
カセットハーフ照明のムギ球に電圧が掛かっておらず、基盤追いかけても良くでした。
適当に怪しげな箇所を再ハンダしてもダメですねぇ。

投稿: ふ゛り | 2007年4月 4日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア T-D7:

« パイオニア T07S | トップページ | SONY SSL A5MARKⅡ? »